フェ血スのムチムチ伝説 復活!! 【ムチムチ!豚カワイイ! カラダは豚だけど、顔はカワイイでしょ? 桃華マリエ】  ムチムチ(むっちり)フェチのAVルーツはグローリークエストの【ぽちゃぽちゃムチムチブルンブルン 】だということを肝に銘じよう宣言!糞屁リクツの巻

ムチムチ!豚カワイイ! カラダは豚だけど、顔はカワイイでしょ? 桃華マリエ
『ムチムチ!豚カワイイ! カラダは豚だけど、顔はカワイイでしょ? 桃華マリエ』

数少ないフェ血スファンの方々の印象として、“フェ血ス”というと、≪匂いフェチ≫、≪アニメコスプレ≫、そして≪ムチムチフェチ≫のイメージが強いようだ。
≪匂いフェチ≫や≪アニメコスプレ≫は毎回やっている内容なので、イメージ通りだが、≪ムチムチフェチ≫というと、必ずしも毎回ムチムチの女の子が出ているワケではない。
つまり、記念すべきフェ血スの一発目がムチムチカルトAV女優の仲咲千春ちゃんであり、さらに武藤クレア(宝生優果)ちゃんや松すみれちゃんなどの巨乳女優の作品があったり、さらに写真のDL販売で、まりもちゃんというムチムチというより、ぽっちゃりのモデルの作品があったり、ふたばえみるというカルトムチムチコスプレイヤーのROMを発売したりと、なんやかやで、ムッチリ系ポッチャリ系肉感系豊満系の女優・モデルの作品が多いためにフェ血ス=ムッチリ系メーカーというイメージが定着しているようだ。

結局は、ボク佐藤★サドが、ムッチリムチムチフェチであるがために、女優選びでムチムチ系の女優を多用する傾向にあるということだ。

≪匂いフェチ≫と同様にボクは≪ムッチリフェチ≫であり、≪ポッチャリフェチ≫でもある(ついでにいうと貧乳スレンダーフェチであったりもするのだが)。

では、なぜ、≪匂いフェチ≫系ばかり撮って、仲咲千春ちゃん以降、そのものズバリ≪ムッチリフェチ≫を撮らなかったのか?

ボクが長期のAV業界ブランクを経て、AV界に戻ってきて最初に入ったのが豊満S巨女メーカーの“JAMS(ジャムズ)” である。
なぜ、JAMSに入ったかというと、豊満(ムッチリ+ポッチャリ+巨女)フェチがあったからだ。
でもJAMSでの撮影に携わっているうちに、豊満作品に吐き気がするくらの豊満フェチ満腹状態になってしまった。
なので、あえてボクが豊満系ポッチャリ系ムチムチ系作品を撮る必要がないだろう、だったらまだ撮っているひとがいない≪匂いフェチ≫作品を撮るのがボクの使命だと思ったのだ。
しかしだ、豊満系をあえて撮らないというストレスは正直溜まる。

で、で、で、あえてムッチリ、ポッチャリが流行っている昨今のAV業界で“Z級”な一番コアなムチリズムを此処に撮っていくことを宣言しようじゃなイカ!
生ぬるい世間のムチムチズムに憂国の念を抱く同朋の志士よ、ここに集え!
そして、昨今のムッチリポッチャリ豊満のブームのAV界の先駆者であったJAMSの前身の舎、“マニアワールド”と、そしてグローリークエストのムチズムレーベル“ぽちゃぽちゃムチムチブルンブルン”に敬意を表して一礼し、フェ血スは“Z級フェチズム”をここに発動しマッス!

Share